AIコンシェルジュとしてお客様と対話するFLOW MAP 4D

Client ホテルタビノス浜松町
Publish on 2019/8/1

ホテルタビノス浜松町のロビーに設置されたAIコンシェルジュ「TAVINOSHIORI(タビノシオリ)」のシステムとして、マップ型デジタルサイネージシステム「FLOWMAP 4D」が採用されております。

3D地図に時間軸を持たせ”今の情報”をリアルタイムに発信するシステムを110インチの大型ディスプレイに表示しており、宿泊客のコミュニケーションスペースとなるロビーで、周辺の情報収集はもちろんのこと、ホテルスタッフや他の宿泊客とのコミュニケーションを深めるツールとしてもご活用いただいております。

「タビノシオリ」では、ホテル周辺をよく知っているスタッフによるオリジナルの情報により、ガイドブックに載っているようなメジャーな観光スポットやレストランだけでなく、地元の人しか知らない”隠れ家”や”穴場”を見つけることや、訪れたいスポットを組み合わせて自分だけの”旅のしおり”を作ることができ、旅行を一層楽しいものにすることができます。
また、3D地図上でたくさんの電車や船がそれぞれ時刻表通りに動く様は 長時間眺めていても飽きません。例えばホテルから見ることができる新交通「ゆりかもめ」も3D地図上とシンクロして見ることができます。

このシステムによって訪日外国人や日本人旅行客にも楽しんで活用されることで、タビナカの楽しみを様々に提案することが可能になりました。

PAGE TOP